重荷重仕様双輪キャスター LSD-GBS 82K-EMDSB-906018

デッドマンブレーキを使用した自動運転システムで差をつける

製品パンフレットダウンロードはこちら

企業様情報

ドイツを拠点とした世界的に名高い同族会社です。世界の従業員数は17,000名以上。様々な業界の顧客に向けた個別駆動システムの開発で成功を収めています。

Blickle(ブリックレ)の挑戦

本企業では、新しい自律型・自動制御・自己組織型の自動運転システム(DTS)を開発する際に、安全なブレーキシステムを備えたキャスターが必要でした。運搬アシスト装置の積載量が1000キログラムであったため、1キャスターあたりの耐荷重は500キログラムである必要がありました。この装置は秒速1メートルで移動し、80ミリメートルの高さまでコンテナを持ち上げることができました。このため、±2ミリメートルの位置決め精度を保つ必要がありました。本体の高さが30センチメートルしかなく、キャスターの取付高に制限がありました。

Blickle(ブリックレ)による解決策

取付高が低く、耐重荷重仕様である必要があるため、Blickleの専門家にとって、重荷重仕様双輪キャスターが唯一のソリューションであることは明らかでした。この厳しい要件を満たすため、鋳鉄・鍛鋼製の取付金具を使用したカスタムメイドキャスターを開発しました。キャスターには転がり抵抗が非常に低い弾性ポリウレタン製トレッドBlickle Besthane® Softを使用し、床面保護と快適な操作性を実現しました。
従来のブレーキ構造をキャスターに組み込むことができないことから、Blickle(ブリックレ)の専門家はデッドマンブレーキの原理を利用した電磁制御式ドラムブレーキという新たなソリューションを考案しました。つまり、通常の状態では電力が通っていないとブレーキがロックされ、走行前に電磁力で解除されます。デッドマンブレーキは、第一に走行ブレーキ、第二にロック装置として機能し、装置全体の主な安全機能としての役割を担っています。
本企業のテスト用施設でBlickle(ブリックレ)のキャスターを使用したソリューションを試しました。ブレーキ、転がり、運転といった様々なテストを実施し、若干の前向きな調整を行った後、装置はいずれのテストにも合格しました。その結果、CE適合宣言書が掲載され、更なる協力関係の成功につながりました。

製品の利点と技術情報「LSD-GBS 82K-EMDSB-906018」

頑丈な鋳鉄・鍛鋼製の小型ブラケット
デッドマンブレーキの原理を利用した電磁制御式ドラムブレーキ
キャスターの取付高が低く、高いブレーキ力(キャスターあたり1700 N以上)を保持。
コントロールが低電圧範囲(24V)に収まる(ブレーキ保持部では3Vのみ)。
制動性能が高く、走行用ブレーキとしても使用可能(緊急ブレーキ機能 40 Nm以上)